男性でも介護士になれるのか?苦労する点とやりがいをまとめてみた!

男性でも介護士になれるのか?苦労する点とやりがいをまとめてみた!カイゴの悩み

 

最近でこそ介護士業界での男性の活躍の話を聞くようになりましたが、少し前の介護業界は=女性というイメージが強かったと思います(・ω・)

 

男性が活躍出来るようになった背景には「平均給料が徐々に上がってきていること」「キャリア形成が出来る職になってきた事」「高齢化により介護がより身近になり、世間の介護士に対する正しいイメージが付いてきたこと」など、様々な理由がありますよね。

 

ただ、

「本当に男性が介護士になれるのだろうか?」
「なれるだけではなく続けていけるのだろうか?」

など、実際にどうなのか?分からないが故に疑ってしまう部分があると思います。

 

 

安心してください男性の皆さん!

まず大前提として、男性だから介護士になれないという事はありません

性別も学歴も経験も関係ない、それが介護士の業界です

 

そして、男性でも介護士として継続して働いていらっしゃる方は沢山いますし、男性だからこそ見出せる介護士のやりがいはちゃんと存在するんです!

 

 

どうもこんにちは。ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

今回はこれから介護業界で活躍することを考えている男性の方向けに、介護士という職に就くうえで男性だからこそ介護をおススメしたいポイントとやりがい、男性が故に苦労する点。

それぞれお話をしていきたいと思います!

 

 

ちなみに僕は男性には積極的に介護職を目指してもらいたいと思っているタイプです(`・ω・´)しっかり魅力をお伝えできたらと思います!

 

それでは行ってみましょう(・∀・)ノ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性だからこそ介護職をおススメしたいポイント

 

そもそも僕が皆さんに介護士をおススメする理由については別でお話ししていますのでそちら参考にしてください!

 

今日は男性へ介護をおススメしたいポイントにスポットを当てますね!

 

 

結論から言います。男性の介護士さんは非常にキャリアアップ(昇進)しやすいです

安定した業界である介護業界、更にキャリアアップしやすい。これは武器です。

 

 

「長く働いていてもいつ昇進出来るか分からない…」

というような飲食業やサービス業や運送業や製造業や警備業やその他いろいろな業界。先が見えず不安定さに悩まされる人をたくさん見ています。僕のいた営業も不安定です(笑)

 

 

もちろん昇進だけではなく他にもやりがいはあります!

 

介護という仕事は非常に奥が深いです(`・ω・´)

利用者の人生に寄り添う利用者の人生を素晴らしいものにするお手伝いをする

そういった他の業界では学べない、携わる事も許されない尊厳のある仕事です。

 

しかし、僕が男性にさらにおススメしたい理由は、業界が安定している上にキャリアアップしやすい点!ここは譲れない!!(鼻息

 

 

さて、ではその根拠について順を追って説明させて頂きますね(・∀・)ノ

 

介護業界の管理者の女性と男性の割合

 

平成30年度の介護労働実態調査によれば介護業界で働く介護士さん全体の男性の割合は23.3%。女性は70.0%。

4人に1人が男性という状態。極端に男性が少ないです(゚-゚)

 

このデータだけ聞くと「女性が多いし、女性が活躍しやすい業界なの?」と感じるかもしれませんがそうでもないんです。

 

面白いのが次のデータ。

 

 

同じく平成30年度の介護労働実態調査結果 事業所における介護労働実態調査結果報告書によれば、

介護業界で働く事業所管理者(施設長など)の男性の介護士の割合は45.5%女性は52.2%

 

 

もし仮に女性の方が活躍しやすい業界であれば先ほどの男性介護士23.3%よりも数字が低くなっているはずですよね?

そうではなく、明らかに管理者層になると男性の比率が増えているんです

 

 

確かに男性45.5%と女性52.2%なので全体の数で言えば女性の方が若干多いですが、人数が少ないはずの男性が管理者になる割合が高いのです

 

 

このことから男性の方が管理職には就きやすい環境、という事が言えると思います(・ω・)

 

ただ、もちろん男性だから全員がなれるという話では無いですよ?

チャンスがたくさんあるという意味です!是非掴んでほしい(・ω・)

 

なぜ男性介護士の管理職が多くなるのか?

 

これは全てには当てはまりませんが、僕が実際にある法人の社長から聞いた話の中で記憶に残っているものの話をしますね。

 

髪型がリーゼントな社長「女性社会って平等が大切だから、一人だけ上に立つことを基本的には嫌うよね。目立つし浮くから。

 

だから昇進の話を出すと嫌々で引き受けたり、転職しようとする人まで出てくるくらい。

もちろん責任感のある人もいるけど、そうじゃない人は管理職になってもモチベーションは低い。

 

ただ、男性はそうはならない。それどころか女性職員に対していいクッションになってくれる人もいる。

お金稼ぎたいって思ってくれる人も男性は多いし、女性と男性はすごくいい感じに業務の分担ができるよ。」

 

だそうです(・ω・)

 

その際に僕は

「たしかに分かります…女性って輪とか平等とかすごい大切っぽいですよね…聞いた感じだと…僕男性なのでよく分からないですけど…」

 

と、分かるのか分からないのかどっちだよみたいな変な相づち打っちゃった記憶があります( ゚Д゚ )笑

 

 

要約しますと!介護業界の女性は基本的になんだか昇進したくないらしいのです。

それよりも平和に!円滑に!快適に過ごせる環境!の方がいいらしいのです!

 

それに子育てしながら働いている人もいますからね。これ以上仕事に時間は割けないよ!という人も多いです。

 

だからこそ男性にはチャンスがある、昇進しやすい環境。それが介護業界です。

 

女性社会だからこその特徴だと思います。覚えていて下さい!

 

男性介護士の苦労するポイント

 

では逆に男性介護士の苦労するポイントを3つ挙げます

 

男性が徐々に介護士業界へ進出してきたと言ってもやはりまだまだ女性が多い業界です。

具体的に苦労する点は

  • 更衣室の問題
  • 女性の利用者のお風呂介助など男性が入りにくい問題
  • 同性の同僚が居ないので孤立しやすい問題

があります(゚-゚)

 

 

もちろん、事業所の全てがこの問題に悩んでいるという訳ではないので安心してください!

ただ、これから話す3つのポイントに関しては事前に調べた上で入社したほうがいいとは思います。

 

ちなみに、収入面の不安。

一家の大黒柱として安定した家庭を築けるのか問題についてはこちらでお話ししていますのでご興味があれば参考にしてください!

 

 

お話を戻します!先ほどの3つの問題についてそれぞれ深堀りしていきますね(・∀・)ノ

 

更衣室が無い問題

 

特に古い施設ではたまーに男性が着替える場所が無い施設があります。

それはなぜか?

 

もともとは女性ばかりが活躍する業界だったからです(゚-゚)

 

 

そうすると時代が変わりつつある今、どういう苦労が待っているのか?

 

そういった昔のままの状態の事業所では男性が雇用できないので、女性に比べて男性がエントリーできる求人が減ります( ゚Д゚ )!

 

 

人が居なかったり女性社会に新しい風を吹き込みたくて事業所が男性の介護士の採用を検討しても、すみ分けできる職場環境が整っていない為、諦めざるを得ないパターンが存在します。

 

あるいは、男性が隅に追いやられたり肩身の狭い思いをしながら着替えや休憩を取らないといけないような事業所もあります。全く気持ちが落ち着かない休憩(笑)

 

入社してからこんなことが判明した!となっては手遅れなので気を付けましょう!

 

 

事業所も徐々に男性が働きやすい環境をセットする場所が増えたり、新しくできる施設では男性用の更衣室を別で設計したりする所もありますので、事前に調べておけば問題はありません

 

男性でこれから介護士にチャレンジされる方や転職を考えている方は「男性の更衣室はあるのか?」という事を気にして面接活動するのがいいと思います(・ω・)

 

女性の利用者のお風呂介助など男性が入りにくい問題

 

「そんなこと言ったら男性が女性に見られるのも問題だろ!」というツッコミは華麗にスルーします←

 

 

女性は男性従業員に入浴介助されることを気にする!という話は非常に多いです。

世間一般的には女性は男性以上に異性に身体を見られたりという事に抵抗があるものですからね。

 

たとえ利用者本人が良くてもその家族が黙っていないケースもあります!

「なぜ男性介護士が担当なんだ!替えてくれ!」と。

気持ちもわかりますね(・ω・)

 

 

でも基本的には施設側で配慮したり協力したりでやりくりしているので、大きい問題になるということは無いでしょう(・ω・)

特に、あなた一人のせいになることはまず無いのでご安心を!

 

 

もしこの部分がどうしても不安、という場合は面接活動の際に「男性が入浴介助を行っていてクレームが発生した事あるの?」という事を確認してみるのも手かもしれません…

 

やんわりと「そういった事にちゃんと配慮している事業所なのか」確認できるかも(笑)

 

同性の同僚が居ないので孤立しやすい問題

 

これは結構重大、甘く見ない方がいい問題だと個人的には思っています!

 

実際に「現場になじめずに転職したい、今度は男性介護士が居る職場がいい」という介護士さんに何人も会いました。

 

 

先ほどもデータを提示したように、介護士の男性の割合は約20%

基本的には女性社会の中に男性が入るわけですから結構気を遣うみたいです(゚-゚)

 

 

特に介護を目指す男性には「お金!!」という人よりは「利用者のため、社会のため」という、思いやりのある人たちが多いイメージです。

自己主張よりも相手を尊重することが得意だったりします。

 

なので気を遣い過ぎてしまうんだろうなと、色々カウンセリングしてて思いました(・ω・)

 

 

ただこの問題も面接活動の際に「他に男性職員はいますか?」という事を確認できれば問題ないと思います(・∀・)ノ

入社してから「あれっ、僕一人だけですか!」となるともう後に引けないですからね!

 

男性介護士が苦労するポイントも事前の情報集めで回避

 

以上の内容からも分かると思いますが、男性だから苦労するポイントは存在します。

ただ、事前に情報を集めて話を詳しく聞くことですべて回避できるような内容です

 

なので安心してください(・ω・)

 

就職活動をする際はいくつか見学してみて、その中で自分に合いそうな場所を見つけることをおススメします

 

まとめ

 

本日もお疲れさまでした。

 

僕なりに男性が介護士を目指すことを後押しできるようにプレゼンしたつもりです(`・ω・´)笑

 

介護士は大変ですし、途中で辞めて行ってしまう人もいます。

ただ、本当に尊敬されるべき仕事だと思いますし、今後伸びていく将来性のある業界だと思います。

 

特に男性の方で「手に職を付けたい」「長期的に安定した仕事に就きたい」「キャリアアップしたい」という方はおススメです!

無資格でも未経験でも介護業界は受け入れてくれます(`・ω・´)

無資格未経験でも正社員になれるというお話はこちらでもしていますので参考にしてください。

 

 

決して悪いものではないのです介護業界は。むしろ素晴らしい(・ω・)

興味を持っていただけたらまず相談や資料請求だけでもしてみてください。

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
カイゴの悩み
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました