初任者研修と実務者研修と介護福祉士の取得方法【全部教えます!】

初任者研修と実務者研修と介護福祉士の取得方法【全部教えます!】カイゴの資格

 

 

介護士にも明確なキャリアアップが出来てきて、それぞれの資格を目指したいという方は増えてきました!

 

しかし、

自分はどうやったら資格が取れるんだろう?

資格が多くて取得方法がごちゃごちゃになる

 

という声は結構多いです( ゚Д゚ )もったいない

 

せっかく初任者研修から介護福祉士までのキャリアアップが整備されたわけですから、

初任者研修から介護福祉士取得までの流れが一目でわかれば便利じゃないですか?

 

 

どうもこんにちは。

ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

というわけで今回は、初任者研修と実務者研修と介護福祉士のそれぞれの資格の取得方法と、初任者研修~介護福祉士取得までの流れが分かるようにお話をしてみます(・∀・)ノ

 

ちなみに今回、めっちゃ長いです(`・ω・´)

もしよければ目次から皆さんの知りたい資格の事が書いてある場所まで飛んでいただいた方がいいかもしれません!笑

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初任者研修と実務者研修と介護福祉士の取得方法説明の流れ

 

まず、厚生労働省からも介護士のキャリアパスは

「初任者研修」⇒「実務者研修」⇒「介護福祉士」

を基本として一本化すると明言していますので、その順番でご説明していきたいと思います(・v・)

 

 

もしかすると既に初任者研修を持っている方や実務者研修を持っている方も居るかもしれません。

その場合は理解している部分を飛ばして読んでいただけますと幸いです(`・ω・´)ヨロスク

 

 

初任者研修をとるためには

 


\完全無料!簡単60秒登録/
シカトル登録はこちら

 

初任者研修を取得するための要件・受験資格は?

 

初任者研修を取得するための要件・条件は、ありません!

経験ももちろんありませんし、年齢制限もありません!誰でも受ける事が可能です(・∀・)ノ

 

極端なお話、中学生でも取得できますし、定年を迎えた人の第二の人生としても始めることが出来るのがこの資格です。

※資格学校によっては入学について年齢制限を設けている場合もあります

 

もし興味がある場合はこちらもご覧になってみて下さい(・∀・)ノ

 

 

 

初任者研修の取得方法は3通り

 

良く勘違いされるのですが、初任者研修は専門学校に通って取得するものではありません!

初任者研修は資格学校で取得できるものです。

 

ちなみに、初任者研修を取得した際の資格学校の卒業は履歴書の最終学歴にもなりません

 

 

さて、初任者研修の取得方法は大きく分けて

  • 資格学校に直接応募
  • ハローワークや自治体の制度を利用する
  • 介護の勤務先に資格取得支援制度がある場合はそれを利用する

の3パターンがあります(・∀・)ノ

 

どのパターンも一定時間の授業を受けたあとに試験に合格する必要がある、という流れは変わりません。

入り口が違うだけで、やることは同じです!

 

では、それぞれ何が違うのでしょうか?メリット・デメリットを簡単に説明します(・∀・)ノ

 

 

 【資格学校に直接申し込む場合】
メリット:「自分に合ったコースを自分で選択できる」「自分のペースで進められる」
デメリット:「費用は全て自己負担」

 

 【ハローワークを利用する場合】
メリット:「自己負担が無いまたは一部負担のみで取得可能」
デメリット:「自治体によって行っていない場合がある」「コースや日程が決まっている事が多い」「手続きがややこしい」

 

 【就業先に資格取得支援制度がある場合】
メリット:「自己負担が無いまたは一部負担のみで取得可能」「働きながら収入を得ながら取得が可能」
デメリット:「コースや日程が決まっている事が多い」「資格取得支援制度を利用すると早期退職できない(退職する場合にはお金を返済する必要がある)

 

こんな具合です(・ω・)

一概にどれがいいとも言い難いので、メリットとデメリットを理解した上でご自身に合った方法を選ぶことが大切です!

 

初任者研修の資格取得にかかる費用

 

初任者研修の資格取得の費用は0円(自治体の制度を利用する)から最大12万円くらい(テキスト代込み)と幅が広いです!

だいたい平均すると5万円前後だと思ってください(・ω・)

 

勤務先の資格取得制度では、自分で支払って資格取得した後に事業所からお金が還付される場合もあります。

あと、資格学校によっては期間限定キャンペーンやセット割引みたいなものもやっていてお得になるケースもあります。

 

 

ただ、ここで一番大切なのは「安ければ安いだけいい」「高い方が質がいい」という話ではないという所です(・ω・)

 

安くても高くても初任者研修は取得できますし、安くても遠すぎれば通う事が難しくなり、結局途中で諦めてしまうという人を何人も見てきました。

もちろんお金は返ってきません。

 

 

一番大切なのは必ず初任者研修を取得する事です

 

 

なので通いやすい学校、授業の頻度や時間帯も適切なペースのコース、自分に合った予算内トータル的なバランスを考えて申し込みをしましょう(・∀・)ノ

 

例えば+1万円で場所が近くて無理なく通えるコースがあればそちらをオススメしたいです。

 

もし自宅周辺の資格学校の授業を比較したいと思った場合は是非シカトルの利用を検討いただければと思います(・ω・)

 

 

 

初任者研修の資格取得までにかかる期間

 

これはコースや学校によって様々です。

最短1ヶ月で終わる場所もあれば、4か月コースもあります!

 

平日コース土日コース通信コース夜間コース短期集中コースなど本当に色々な方に合わせた授業内容を展開されているんです(・ω・)すごいぞ資格学校

 

仕事をしながらの場合は3~4か月くらいかかると思いますが、この辺りも学校や自治体によってさまざまなので要問合せです!

 

初任者研修の授業内容

 

初任者研修の資格を取るための科目や授業時間は厚生労働省により定められており、9科目130時間となっています

 

各授業の受講時間の詳細はこちら

※厚生労働省の介護員養成研修の取扱細則についてより引用

 

 

ちなみにこの授業、通信学習でも受けることが可能!

その詳細や、もし通信学習をしながら資格の取得を検討されたい方はこちらをご覧ください(・∀・)ノ

 

 

 

初任者研修の試験の合格率

 

初任者研修は先ほどの130時間の受講を消化したら、最後に筆記試験を受けて、それに合格して初めて資格を取得できます。

 

そしてこのテスト、ほぼ合格します!

 

 

というか、試験を受けて落ちた人に出会ったことが無いです(・ω・)

受講を途中で辞めてしまった人は何人かいましたが…(笑)

 

 

そもそも介護士を増やしたいのが日本の今の政府ですから、受かりにくい資格制度にするはずはないですよね。

むしろ、間口は広く取得しやすい内容になっています。

 

これから初任者研修を取得したいと考えている方はご安心してください!

 

 

個人的には初任者研修を取得することはとてもおススメです!

まだ初任者研修を持っていない方は絶対に取得していただきたい資格です(`・ω・´)

ぜひこちらのお話も参考にして、まずは初任者研修を取るメリットを知ってください!

 

 

 

 

 

 

実務者研修をとるためには

 


\完全無料!簡単60秒登録/
シカトル登録はこちら

 

実務者研修を取得するための要件・受験資格は?

 

初任者研修同様、年齢制限はありません!特別な資格や実務経験も必要ありません!!

やる気さえあれば取得できる資格です(゚-゚)

 

 

実務者研修の取得方法も3通り

 

基本的にこちらも所得方法は初任者研修同様

  • 資格学校に直接応募
  • ハローワークや自治体の制度を利用する
  • 介護の勤務先に資格取得支援制度がある場合はそれを利用する

の3パターンです!

 

先ほどお話しているのでそれぞれのメリットとデメリットは割愛いたします(`・ω・´)

 

ちなみに、実務者研修を受ける前に初任者研修を受ける必要はありません!

最初から実務者研修を受ける事も可能です(・∀・)ノ

 

 

実務者研修の資格取得にかかる費用

 

実務者研修の資格取得の費用は0円(自治体の制度を利用する)から最大20万円くらい(テキスト代込み)と初任者以上に差が大きいです!

 

 

これだけ聞くと

0円の方がいい~

 

と考えてしまうかもしれませんが、0円には0円なりのデメリットもあります(`・ω・´)世の中うまいには裏が

 

 

もし初期費用を抑えたいという事ならば、まず初任者研修を受講することをオススメ!

初任者研修を終えている人が実務者研修を受けると、授業料が安くなります

 

 

実務者研修の資格取得までにかかる期間

 

実務者研修の資格取得までにかかる期間は、非常に長いです( ゚Д゚ )

なんと、半年(6ヶ月)かかります

 

今ページを閉じようとしましたか?ダメですもう少しお付き合いください!!

ここで諦めてはダメです!!(必死

 

次の話で、少し実務者研修が取得しやすくなる条件やポイントをお話しさせて頂きますのでもう少しお付き合いを!!(必死

 

 

実務者研修の授業内容

 

実務者研修の資格を取るための科目や授業時間も、厚生労働省により定められており、20科目450時間(+医療的ケアの演習)となっています。

初任者研修と比べるとやはりだいぶボリュームが多くなってますよね。

 

 

各授業の受講時間の詳細はこちら

 

※厚生労働省の実務者研修における「他研修等の修了認定」の留意点についてより抜粋

 

 

実務者研修時間数という行が実務者研修取得に必要な授業の時間数なんですが、これを見て何か気付くことがありませんか?

 

そうなんです!初任者研修とかぶっている科目があるんです(・∀・)ノなんとー

 

 

実務者研修の受講免除科目について

 

実務者研修を取得する際に6ヶ月間(450時間)の受講をしないといけないのはあくまでも無資格の方のみ。

既に初任者研修を取得している方は残りの11科目320時間の授業を受ければ実務者研修の資格が取得できます!!

 

 

実務者研修の授業免除については初任者研修を持っている場合以外にも

介護職員基礎研修を持っている場合実務者研修の授業400時間免除
ヘルパー1級を持っている場合実務者研修の授業355時間免除

ヘルパー2級を持っている場合
(※初任者研修もココ)

実務者研修の授業130時間免除
ヘルパー3級を持っている場合実務者研修の授業30時間免除

というような授業時間免除の制度があり、実務者研修を取る上で少しでも負担が減るような設計になっているのです!

上記の初任者研修以外の資格は廃止になってしまっていますが、過去に取得されている方にも適用されます(・∀・)ノ

 

初任者研修を受けて130時間分授業が免除になれば

連続で450時間の授業を受けないといけない

というプレッシャーは無くなるので、だいぶ気持ちの負担も減るはず!

 

 

個人的には初任者研修をまず受けてから実務者研修の取得を目指す方法もオススメです(・∀・)ノ

 

 

実務者研修は試験に合格する必要はない

 

厚生労働省が公開している実務者研修認定ガイドラインにはこうあります。

実務者研修については、地域の団体等で実施されている研修(以下、「地域研修」といいます。)であって、一定の内容・質、時間数が担保されているものを修了した場合には、実務者研修の実施者の判断により科目単位での修了認定を可能とする

厚生労働省-実務者研修認定ガイドライン

と明記されています。

 

 

つまり、450時間の授業と演習を担保してくれれば実施してる団体の方で実務者研修の修了を認めてもいいよ!という事ですね(・∀・)ノ

なので、実務者研修の資格を取得する学校によっては試験を行わずに実務者研修の修了の認定をしてくれる場所があるんです!

※もちろん、中には試験を行っている学校もあります。

 

 

決して簡単ではないですが、頑張って授業を受ければ実務者研修は取得できるわけです。

取れるかどうか分からない資格よりもやる気が出てきますよね(・∀・)ノ

 

実務者研修の合格率も途中で諦めてしまう場合を除いてほぼ100%ですね!

 

 

 

介護福祉士をとるためには

 


\完全無料!簡単60秒登録/
シカトルの登録はこちら

 

介護福祉士を取得するための要件・受験資格は?

 

実務者研修まで取得されたら次は絶対介護福祉士を目指しましょう(・∀・)ノ

 

初任者研修・実務者研修と違って、国家資格である介護福祉士には受験のための要件、受験資格があります。

 

ただ、年齢や学歴による制限はないのでご安心を!

 

 

介護福祉士には取得のための方法もまた、3つあります!

  • 実務経験ルート
  • 養成施設ルート
  • 福祉系高校ルート

 

 

実務経験ルートとは実務者経験を修了し、かつ実務経験を3年積んだ人が介護福祉士試験を受ける場合のルート(・∀・)ノ

 

 

養成施設ルートとは、介護福祉士養成施設(1~2年)を卒業して、介護福祉士試験を受ける場合のルート(・∀・)ノ

専門学校みたいなイメージです!

 

 

福祉系高校ルートとは、福祉系高校を卒業してから介護福祉士試験を受ける場合のルートです(・∀・)ノ

 

 

社会人の方はほぼ必然的に実務経験ルートを選ぶことになるのではないでしょうか?

やはり養成施設や福祉系高校に入りなおす時間などは中々確保しずらいですからね(・ω・)

 

 

介護福祉士試験の費用

 

介護福祉士の試験を受験するための費用は15,300円です。※2019年10月現在

介護福祉士試験は公益財団法人 社会福祉振興・試験センターがすべて行うので、初任者研修や実務者研修のように受ける場所によって金額が変わるという事がありません!

 

 

更に、介護福祉士の試験に受かった場合、免許を登録しないといけないのですが、

登録免許税(収入印紙)9,000円+登録手数料3,320円=合計12,320円が別でかかります( ゚Д゚ )これは盲点!

 

ちなみにこれは最初の登録の際に一度だけ発生する費用です!

 

 

ちなみに、この介護福祉士の資格についても自治体の助成金や、事業所によっては取得の支援制度があり、かかった費用の一部または全額が返ってきたり、お祝い金がもらえるケースがあるんです!

ご存知でしたか(・ω・)?

 

もし知らなかったのであれば一度自治体のホームページや会社の規定などを調べてみてください!

資格取得にかかる約3万円が戻ってくるのであれば申請しない手はありませんからね!

 

 

介護福祉士試験の申込日と受験日と合格発表日

 

まず、試験のスケジュールが分かるのが6月上旬ごろです。

試験の申込日は8月の上旬~9月上旬ごろです。

 

 

受験日は筆記試験と実技試験に分かれています

筆記試験が1月最後の日曜日、実技試験は3月一番最初の日曜日となっています。

 

そして合格発表は3月の下旬ごろになっています。

合格発表は厚生労働省および公益財団法人社会福祉振興・試験センターにて掲示されます。
ネット上で確認できます(・∀・)ノ

 

 

念のため、令和元年の日程と重ねて流れの説明をしますね!

 【介護福祉士試験スケジュールの発表】
令和元年 6月3日(月)

 【試験申込期日】
令和元年 8月7日(水)~ 令和元年 9月6日(金)

 【介護福祉士 筆記試験】
令和2年 1月26日(日)

 【介護福祉士 実技試験】
令和2年 3月1日(日)

 【介護福祉士試験 合格発表】
令和2年 3月25日(水)

 

という内容になっています!

 

 

ここからは知らない方もいるかもしれませんが、実は実務者研修は申込日に修了していなくてもいいんです。

12月の末日までに終了できれば介護福祉士試験は受験可能です!

 

このあたりの「見込み」扱いでの受験を検討したい方はこちらへどうぞ(・∀・)ノ

 

 

 

実技試験の免除

 

介護福祉士資格を取得する場合、筆記試験の後に実務試験を受けなくてはいけません。

しかし、この実務試験。一部のルートでは実技試験が免除になるんです!

 

一部ルートというのは

  • 実務経験ルートで受験資格を得た場合
  • 養成施設ルートで受験資格を得た場合
  • 福祉系高校ルートで試験前に一定の講習を受けた場合

 

の主に3つですね(・∀・)ノ

 

ん~、まあ要するにほとんどが実技試験免除の対象になっています(笑)

その背景もあって、実技試験は毎年開かれる会場が極端に少ないです!

 

令和元年度の実技試験は東京と大阪の二会場でしか開かれません。

この会場に通いにくい方は他のルートにて介護福祉士を目指されたほうが無難ですね…

 

 

介護福祉士の試験内容

 

まず出題範囲

  1. 人間の尊厳と自立、介護の基本
  2. 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
  3. 社会の理解
  4. 生活支援技術
  5. 介護過程
  6. 発達と老化の理解
  7. 認知症の理解
  8. 障害の理解
  9. こころとからだのしくみ
  10. 医療的ケア
  11. 総合問題

こちらの11項目です。

 

はい、一旦聞き流しても大丈夫です(笑)

 

 

試験の合格基準についてですが

問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者

と明記されています。

 

 

簡単に言うと

上記11項目の内、0点の項目を出したら不合格になります※ここ重要!

そして、基本的に60%以上の点とってくれたら合格ラインですが、問題の難易度によって若干配点も変わります

という感じですね。

 

 

前半部分はかなり大切です。試験勉強をする場合は広くまんべんなく勉強して下さい。

たとえ一科目群でも全問不正解になってしまうと最終的な点数がいくら高かったとしても不合格になってしまいますので!

 

後半部分は結構ざっくりしています。笑

多くは合格者が少なかった時の調整に利用するんだろうな、という感じです(・ω・)

 

 

 

介護福祉士の合格率

 

介護福祉士試験の合格率はここ数年上がっています

だいたい60%くらいを推移していましたが、直近はほぼ7割で推移しています!

 

介護福祉士試験受験者合格者合格率
第27回153,808名93,760名61.0%
第28回152,573名88,300名57.9%
第29回76,323名55,031名72.1%
第30回92,654名65,574名70.8%
第31回94,610名69,736名73.7%
第32回84,032名58,745名69.9%

 

今後については正直分からないですが、大きく下がらないのではないでしょうか(・ω・)

 

 

ちなみにここでプチ情報!

平成31年度の20歳以下の試験合格者は7.3%5,078名
61歳以上の試験合格者が3.3%2,319名も居ます

 

介護業界の介護士さんたちは年齢に関係なく上昇志向があるようです(・ω・)

 

 

 

さて本筋に戻ります。

介護福祉士は国家資格の中でも合格しやすい部類であることが分かるかと思います。

 

ただ、介護福祉士は3年の実務経験や実技試験を経ないといけないという、受験資格を得るまでのハードルが高いという一面もあります!

単純に合格率が高いからどうのこうのという次元の話では無さそうですね(・ω・)うーむ

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は初任者研修、実務者研修、介護福祉士の取得方法と流れについて詳しくお話しさせていただきました!

 

介護の資格はこれ以外にもケアマネージャー、社会福祉士、認知症実践者研修、認定介護福祉士などなど、専門性に合わせて多様な資格があります。

 

今回取得方法を固く話してしまいましたが、資格取得の良さについてもお話ししているのでよかったらそちらも参考にしてください!

 

 

 

 

本日もお疲れ様でございました。

それではまた次回(・∀・)ノ

 

 

 


\完全無料!簡単60秒登録/
シカトル登録はこちら
スポンサーリンク
カイゴの資格
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました