【給料上げたい?】介護士で収入を増やしたいなら夜勤専従を狙え!NF

【給料上げたい?】介護士で収入を増やしたいなら夜勤専従を狙え!カイゴの転職

 

お金というものは少ないより多い方が良いですよね($ω$)

ぼく自身もよく「給料上がらないかなあ」と公園でベンチに座りながら考えたりします(働け)

 

どの業界だったとしても従業員である以上、昇給は決められた範囲と頻度内でしか行われません。

そんな状況で例えば

  • 結婚
  • 出産
  • 親の介護
  • 子供の進学
  • 病気

などで急にお金が困った時ってすごい困りますよね…

 

収入を増やしたいと思ったときに、たぶん真っ先に転職を考える人が多いと思うんですが、ただ転職するだけでも収入は大きく変わりません。

もちろん運が良かったというケースはありますが、転職アドバイザーをしているからこそ給料を上げることについて大変だという事は実感しています。

 

そんな時におススメしたいのがただ転職するのではなく、働き方を見直して転職してみるという事

 

今日お話しするのは介護業界の夜勤専従という働き方です

 

 

 

どうもこんにちは。ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

今回は介護士で収入を増やしたいなら夜勤専従を狙え!という理由についてまとめたので、そのお話をさせて頂きます(・v・)

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護業界の夜勤専従とは?

 

まず、介護業界で介護士として働くうえで切り離せないのが夜勤帯の業務です。

もしまだ介護士の業務内容が分からない方がいたら、業務内容についてこちらでまとめてお話ししているのでぜひ参考に。

 

この夜勤は1週間に1回くらいが平均です。

夜勤専従というのはこの夜勤帯の仕事のみで構成される職種になります。

なので早番・遅番・日勤帯の業務はありません

 

そうすると何が起こるかというと、出社するたびに夜勤手当や深夜割増賃金が給料に加算されるので、通常の勤務よりも給料が高くなるのです

 

介護業界は夜勤が出来る方は重宝される

 

今はまだ女性が多い介護業界。

その中の多くの人は家庭の事をやりながら介護士として働いているというパワフル主婦の方々ばかりです。

なので夜勤だけは出来るだけしたくないという人は沢山います

 

そうなるとそもそも人材不足の介護業界なので、夜勤の介護士さんが足りない!という事になるわけです。これはどこの施設でもよく起きる問題ですね(・ω・)

 

そんな中「私夜勤手伝えます~」という人が現れたらどうなりますか?

はい、事業所めっちゃ助かるんです!!

 

もし今の施設で夜勤専従にシフトできるなら転職する必要も無いので手間がかからないですし、給与も夜勤に入った月からすぐ上がるので即効性もあります

 

 

ちなみに夜勤専従の正社員であれば基本的には賞与も支給されますし、福利厚生や昇給も普通の正社員と同じ評価で受けることが出来ます休みの日数も変わらないので安心です

 

 

夜勤専従で収入はどれくらい変わるのか?

 

夜勤には16時間労働のロング夜勤と、8時間労働のショート夜勤と、二種類あります。

 

エリアや事業所の規模によって変わるのですが、だいたいロング夜勤手当ての平均は5,000円~9,000位です。※ショートはざっくり単純計算で半額くらいと思ってください。

ここでは間を取って7,000円として計算してみましょう。

 

夜勤専従になれば月間で夜勤回数が4~5回⇒11~12回くらいまで増えます。約7回分くらいですね(・ω・)

7回×7,000円=49,000円

 

夜勤専従になるだけで月の給与が49,000円アップ年収にすると約60万円アップするんです!!

例えば今まで年収が370万円だったら一気に年収425万円まであがります!!すごい!!

 

普通に働いてて年収が60万円昇給することってなかなかないですよね。

転職して年収が60万円も一気に上がるという事もほとんど無いです。

 

 

僕が収入を増やしたいなら夜勤専従を狙え!という理由はここなんです(・∀・)ノ

 

 

夜勤専従として働けない事業所の場合

 

そもそも夜勤専従は認められないという事業所もあります。

その場合は夜勤を多めには入れないか相談してみましょう(・ω・)

 

例えば日勤のシフトを減らして、夜勤の回数が月に3回増えるだけでも月収にして約20,000円の給料アップです!年収で約25万円

これがあるだけでもだいぶ生活の水準が向上します(・∀・)ノ

 

しかし、働いている事業所によっては

  • 周りとの公平性のために夜勤回数は増やせない
  • そもそも夜勤帯は足りてきているので増やせない
  • 夜勤を増やすのは夜勤バイトしかできない(賞与や福利厚生が無くなるなど)

と、「夜勤増やすのもNG」というお話しになる事も十分に考えられます。

 

その場合は仕方ないので、給与アップを諦めるか、夜勤専従を許可してくれる事業所に転職するしかないです(・ω・)

 

ちなみにもし転職を検討する際は、ただ求人を探してほしいという事を伝えるのではなく、

「夜勤を多く出たいのでそういった事が認められる求人を紹介してほしい」

という転職の目標を担当アドバイザーの方にしっかり伝えるようにしましょう

 

今までと同じ職種での転職ではなく、夜勤を増やして転職であれば年収50万アップも現実的に狙っていけます

 

 

夜勤専従バイトの掛け持ちもアリ

 

今働いている事業所によっては副業が認められている場合があると思いますが、そんな時におススメなのもこれまた夜勤専従

 

普通の日勤業務のアルバイトよりも割増賃金の分、給料が高めです!

通常の時給+深夜割増分の賃金になるので効率がいい。

 

そしてもし掛け持ちをするならば僕は8時間労働のショート夜勤をオススメしたいです

 

掛け持ちで注意しないといけないのが「休みを削って収入を得ている」という考え方の部分

 

もちろんロング夜勤の方が手当は大きいですが、16時間労働になりますよね。

掛け持ちの場合は本職があるはずなので、休みが少なすぎて身体を壊してしまうのは本末転倒

なので個人的にはショート夜勤が良いと思います。

 

 

ちなみにショート夜勤の夜勤専従バイトの場合はだいたい10,000円~15,000円位の給料が貰えます

これを月に3~4回入れば、これまただいぶ生活が向上しますよね(・ω・)

 

もう一度言いますが、休みを削らないといけないのが掛け持ちバイトです!検討する際は慎重に考えてください!

なので最初は月に2~4回で慣れてきたら徐々に回数を増やしてもらう、という順序で始めるのがベストです

これなら入り口のハードルも比較的低くなるので、気持ち的にも始めやすいのではないでしょうか!

 

あと、所有している資格によってもこのバイトの賃金は大きく変わります(・ω・)

初任者研修⇒実務者研修⇒介護福祉士

の順番で賃金も高い傾向があるという事は覚えておいてください。

 

なのでもし上の資格を取れる状態の方はぜひ資格取得も検討してみましょう!

 ⇒

 

 

でも夜勤って大変でしょ?体調が心配…

 

ここまで見てくださった人の中には

「日勤帯の仕事がなくなって夜勤のシフトになるの辛い…」「体調が心配…」

という方もいらっしゃるかと思います。

 

もちろん夜勤が合わない方もいるので、正直全員が適応できるわけでは無いと思います。

これはあくまでも給与アップするときの効率的な方法の一つです。

 

しかし、何も夜勤だから全部大変という事もありません(・ω・)良いところがちゃんとあります!

 

夜勤はそもそも皆が寝静まっているときの勤務です。

利用者が寝ているので夜は日中よりも落ち着いては居ますし、一人で行う業務がほとんどなのでそういった事が向いているという人はわざわざ夜勤専従という働き方を選んだりします

 

あと、ロング夜勤として働くと【入り】⇒【明け】⇒【休み】というシフトが基本になるのですが、二日分の勤務を連続で行う分、お休みも実質2日連続で取れます!

 

例えば

1/1 入り:16時出勤(※もちろん午前中は休み)
1/2 明け:9時退社(※ここから休み)
1/3 休み:(※もちろん24時間休み)

 

という感じになるので普通の日勤業務をするよりも連続してまとまった時間休みが取れるメリットもあるんです!※寝不足には要注意

 

介護業界ではなかなか連休が取れないですからね。

なのでやはりこの明け休みを狙って夜勤専従として働きたい人は意外と沢山いるんです

夜勤専従って結構人気なんですよ(・v・)

 

合う合わないはありますが、この2つのメリットに加えて給料までアップするわけですから、給料を上げたいなあと考えている人はぜひ夜勤専従という働き方を検討してみてください!

 

 

まとめ

 

本日もお疲れ様でございました!!

今回は給料を上げたい方向けに、介護士で収入を増やしたいなら夜勤専従を狙った方が良い理由についてお話しさせて頂きました。

 

よく介護業界の悪いイメージを聞いたりしますが、介護業界には介護業界の良さがあります。

今回お話しした夜勤を増やす事で効率的にお金を稼ぐことが出来るのも、他の業界にはない介護職の良さの一つです!

 

すぐに給料を上げたい際は「夜勤を増やす」「転職する」

数か月後の中期的な目線で給料を上げたい方は「資格取得を目指す」

と、ご自身の状況によって分けて考えてみてください。

 

詳しい給料アップの方法やほかの給与アップの方法についてはこちらでもお話ししていますので良ければ参考に。

 

 

今まさに生活の水準を変えなくてはならないという状況に居る方。夜勤専従という働き方はいかがでしょうか(・v・)?

そういった方の後押しになるお話が出来たなら幸いです。

 

 

それではまた次回!

スポンサーリンク
カイゴの転職
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました