介護士の仕事内容!具体的に何をすればいいのか徹底解説

介護士の仕事内容!初任者・実務者研修・介護福祉士の違いは?カイゴの業界知識

 

 

介護士って具体的にどんな仕事をするんですか?

 

これから介護士になるか検討している方はこれが非常に気になると思います(・ω・)

 

一概に介護と言っても、経験のない方のイメージは

  • 排せつ
  • 食事
  • 入浴
  • 会話

 

くらいしか想像が付かないのではないでしょうか?

介護士は実際にどういった仕事をしているのか、事前に知っておきたいですよね(・ω・)

 

 

どうもこんにちは。

元介護士の転職エージェント
ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

今回は介護士の具体的な仕事内容とその流れについてお話していきたいと思います(・∀・)ノ

 

 

この記事を読むことで実際に働いたときにどんなことをすればいいのか、今まで以上にイメージが出来るように詳しく解説していきたいと思います!

 

 

\完全無料!簡単60秒登録/
かいご畑
かいご畑について調べる➡

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

介護士の仕事内容は主に3種類ある

 

まず介護士の仕事内容には大きく分けて3つの業務があります(・∀・)ノ

 

  • 身体介護
  • 生活援助
  • 利用者や家族との相談や会話など、コミュニケーション

 

一つずつ、具体的にどういった内容なのか確認していきましょう!

 

 

身体介護とはなにか?

 

身体介護とは主に利用者の身体に直接触れる業務の事です(・ω・)

たとえばこちら!

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 排せつ介助
  • 着替え
  • 清拭(身体を拭く事)
  • 床ずれ予防の為の体位変換
  • 歩行介助

 

 

身体介護を行う上で特に気を付けないといけない部分は、利用者の安全を守る事です(・ω・)

 

転倒や誤嚥などが起こりやすいのでリスクを減らすための行動が非常に重要。

介助中にこういったことを起きないようにするための知識とスキルを付ける事は大切です(・ω・)

もちろん現場でも教えて頂けることですが、できれば初任者研修などの研修で基礎は学んでおいた方がいいですね!

 

 

 

生活援助とはなにか?

 

生活援助とは主に利用者の日常生活上の家事を手伝う業務の事です(・ω・)

たとえばこちら!

  • 調理
  • 洗濯
  • 掃除
  • 食事の買い物
  • ゴミ出し

 

 

特に訪問介護士が携わることが多い業務かもしれません(・ω・)

 

生活援助を行う際に気を付ける点は、あくまでも利用者の判断で良いか悪いかを決める事です。

 

これは不要な物だから捨てておこう

これは邪魔だから片付けておこう

 

こういったことを介護士判断で行ってしまうと、ただのありがた迷惑です。

 

利用者は何を望んでいるのだろうか?という視点を忘れずに、常に持っていることがポイントです(・∀・)ノ

 

 

利用者やその家族との会話や相談とはなにか?

 

利用者やその家族との会話や相談とは本当に読んだままです(・ω・)

 

ただ会話をしてコミュニケーションを取り、それぞれの個性を理解する事。

あるいは介護の専門家としてアドバイスをしてあげる事などです!

 

 

ここで大切なのは、あなたに自信がなかったとしても、利用者やその家族からは専門家として見られているという事です(・ω・)

 

いつ質問をされてもいいように、介護の勉強はいつでも絶やさずに行った方がいいですね!

 

 

\完全無料!簡単60秒登録/

 

 

具体的な介護士の仕事の流れ【入所施設の一日】

 

さて、介護の業務はどんなものなのか、基本的なことは理解できたかと思います(・∀・)ノ

 

ここからは介護士の一日の業務の流れについてお話ししていきます!

※施設形態や法人によって多少時間のずれはありますのでご理解ください。

 

 

[各シフトの始まりと終わり] 申し送り

 

4シフトもあるので次のシフトで勤務する方に今日の利用者の状態と何があったかを共有しないと業務が滞ってしまいます。

申し送りとは連絡事項の確認や、状況の引継ぎを行うことですね。

 

場所によってはノートに書いたり口頭で伝えたり、やり方は様々です!

 

[7:00~]利用者の起床介助と移動

 

まず利用者の方々に起きて頂き、一日の準備をする手伝いです。

着替えや洗顔、身だしなみのチェックですね。一日の始まりです。

主に夜勤の方と早番の方の業務内容ですね(・ω・)

 

トランス(トランスファー・移乗)

 

ベッドから車いす、車いすからトイレ、又はその逆など利用者が移動する為のサポートを行う事をトランス(トランスファー・移乗)と言います。

 

できる限り本人の力で使って行っていただく事で寝たきり等、身体能力の低下を防止します。

介護士の体に負担がかからないやり方はあるんですが、これが結構な重労働で腰を痛めてしまう方も…(゚Д゚)

忙しいからと急いでしまい無理をしてしまうことは禁物です。

 

[8:00~]朝食・食事介助

 

朝の準備が終わったら今度は食事です!

利用者それぞれの状態に合わせた食事が出てきたりします。パンやごはんや中にはおかゆなども。

ここでも基本的には自信で食べられるように見守りますが、人によっては口に運ぶことを手伝ってあげたりもします!

 

[9:00~]食事の片づけ

 

もちろん食事のあとは片づけを行います。食器を運んだりテーブルを拭いたりですね。

この時間帯のころには日勤帯の介護士さんが出勤していると思います。

逆に夜勤帯の方は返り始める頃ですね(゚-゚)

 

[9:30~]口腔ケア

 

歯ブラシや口腔ケア専用のスポンジなどを使用して口の中を清潔にします。歯磨きタイムの事です!

 

高齢者は特に口の中の自浄作用が低下しています。唾液の分泌量も落ちています。

なのでより意識して綺麗にし清潔に保つ必要があるんです!これが疎かになると他の病気を併発しやすくなります!

 

[9:30~]排泄介助

 

排泄介助は時間に関わらず都度行います。

特に認知症などの症状がある方は能動的に行こうとしなくても介護士の方から声をかけてあげて下さい。

 

排泄も自身でできない方は手伝ってあげる必要があります。

その際は「衣類を脱がせる」⇒「便座に座らせる」⇒「排泄中は外に出て待機」⇒「清拭(拭いてあげる)」⇒「衣類を着せる」の順番です。

 

中にはやはりオムツを穿いている人もいるのでその取り換えなども介護士の業務です!

 

[9:30~]健康チェック・バイタルチェック

 

看護師により利用者の健康状態を確認します。

その間に介護士も介護記録を書いたりします。

介護記録の書き方は各施設でやり方が多少異なりますが、どんな事があったか・どんな状態かを具体的に記録するものです!

 

ただ様子を見て記載するだけではなく、日々のちょっとした変化に気づくことが非常に大切です。

 

[9:30~]入浴介助

 

順番に利用者の入浴介助を行います。お風呂タイムです!

 

基本的には利用者はゆっくり一人でお風呂に浸かって…という時間はありません。

万が一、浴槽内で事故が起こってしまってはというリスクを予防するためです。

 

だいたい15分ほどで体を洗い軽く浴槽に浸かって出ます。

介護士1~2人がかりで、もちろん衣類の着脱まで行うので結構な重労働です。

 

[9:30~]体操や機能訓練

 

利用者一人一人にケアプランというものがあります。

ケアプランとは介護保険サービス(介護サービス)をどのように利用するかを決めた介護計画書のことです。

ケアマネージャーが作成するものですね(・ω・)

 

 

 

体操や機能訓練は、ケアプランに沿って高齢者の身体をマッサージしたり運動のサポートをしたりする業務です。

この際には転倒リスクなどは十分に気を付けて行ってください!

 

[12:00~]昼食・食事介助

 

内容は朝食と同じなので割愛します。

この時間帯のころには遅番の方が出勤しているころだと思います。

 

[13:00~]従業員の休憩時間

 

この時間帯になるとだいぶ落ち着いてきます。

その間に介護士は交代でお昼休憩を取ったりします(・ω・)

 

利用者もテレビを見たり、健康な方は外出されたり、ゆったりした時間を過ごしていますね。

 

[13:00~]レクリエーション

 

毎日ではありませんが、場所によって週に3回くらい従業員が考えたレクリエーションをみんなで行います!

 

カラオケ大会やクイズ大会や紙芝居、外部から人を呼んだり本当に様々です。

勤勉な介護士さんはレクの内容を家で考えたり、準備物を作ったりして利用者のために行動しています(・ω・)えらい

 

[15:00~]おやつの時間

 

小腹が空いたなあという時間を見計らっておやつタイムです!

高齢者の中には持病の関係でそういったものを摂取できない方もいますが、基本的にはみんなで食堂に集まっておやつを頂く時間です!

場所によっては介護士さんにもおやつが支給されたりしますね。

 

[16:00~]介護記録の記入

 

利用者の一日の内容・状態の記入になります。

今日何があったのかどういった状態でどういう変化があったのか、記録していきます。

 

毎日同じような事を書くことになりますが、油断してはいけません!

高齢者の小さな変化に気づくためにも、こういった代わり映えの無い事の繰り返しは非常に大切なのです。

 

この時間に早番の方は帰宅されるでしょう(゚-゚)

そして夜勤シフトの方が来るので、この時間帯にまた申し送りを行います。

 

[17:30~]夕食・食事

 

この時間帯のころには日勤の方も徐々に帰り始めます。後片付けは遅番と夜勤の方の業務になりそうです。

 

中には自室で食事をされる方もいますので、それぞれに合わせて対応していきます。

服薬の管理なども行いますので意外とやることが多いです。

夕食の後は再度口腔ケアを行います

 

[19:00~]就寝の準備

 

パジャマへの着替え排泄介助ベッドへのトランスを行い高齢者の一日が終わっていきます。

ちなみに就寝時間は利用者の生活スタイルによってバラバラです。

 

利用者がこの時間にお風呂に入ることは基本的にはありません。

とんでもない時間がかかってしまいますからね。笑

 

だいたい21~22時くらいには就寝されます。

 

[22:00~]巡回(見回り)・ナースコールの対応

 

利用者が寝静まった後も介護士の業務は終わりません。

シフトによっては夜勤もあります(・ω・)

 

 

この頃には遅番の方も帰宅しています。

夜勤スタッフはだいたい20~30人の高齢者に対して1名の割合で配置されます。

 

見回り(巡回)の頻度は1時間に1回ほど。

何をするかというとちゃんと寝ているか確認したり、安否の確認をしたり、オムツを替えてあげたりします!

 

時にはナースコールが鳴って呼び出されるのでその対応もします。

寝苦しかったり、寝返りを手伝ったり、トイレに行きたかったり、ナースコールが鳴る理由も様々です。

 

夜勤時に万が一、急変などがあった場合は看護師や医師や施設長に相談をします。

看護師が夜勤を行わない施設ではオンコールと言って担当の看護師が持ち歩く携帯電話に電話し、指示を仰ぎます。

 

間に交代で休憩と仮眠をとる

 

ロング夜勤時はだいたい2時間の休憩があるので、その時間で仮眠と食事を取ったりします。

短い時間ですが、仮眠はとても大切です(・ω・)

 

 

 

この後は早番シフトに戻り繰り返していくイメージです(・∀・)ノ

 

 

介護士の仕事のやりがいは?

 

介護の仕事ってやりがいはあるんですか?

 

という質問をよくいただきます(・ω・)

 

もちろん大変なことも多いです。

職員や利用者に合わせていくスキルは非常に求められますし、介護というお仕事は全員がこなせる簡単な仕事ではないでしょう。

 

 

しかし、介護業界で働いている人の満足度ややりがいは非常に高いんです!

 

やはり人と人がつながる仕事なので、一番多く聞くやりがいを感じる瞬間

ありがとうや笑顔をいただいたとき

との事。素敵ですね!

 

 

ちなみにこれは公益財団法人介護労働安定センターが行ったアンケートで数字でも確認できます(・∀・)ノ

 

 

 

もし今日の内容を聞いていただいて、

この業務だったら私にもできるかもしれない

 

そう感じた方はもっと介護士に関して調べてみませんか(・∀・)ノ?

介護職は非常に安定している、オススメの職業です。

あなたの今後の選択肢の一つとして考えてみて下さい!

 

 

 

今回は介護士の具体的な仕事内容とその流れについてお話しさせて頂きました!

 

 

本日もお疲れ様でございました。

それではまた次回!

 

 

 

\完全無料!簡単60秒登録/
かいご畑
かいご畑について調べる
スポンサーリンク
カイゴの業界知識
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました