介護福祉士試験は0点科目群があると不合格!詳しく解説します

20200519介護福祉士試験で0点科目群があると不合格!詳しく解説します1カイゴの資格

 

介護福祉士試験は60%くらい点数を取れれば合格できるから

国家資格だけど受かりやすい資格だよ!

 

という話をよく耳にしませんか(・ω・)?

受かりやすいかどうかは分かりませんが、確かに介護福祉士試験の合格点は毎年60%を基準にして決まります。

 

しかし、介護福祉士試験の筆記の合格基準は二つ存在するので、60%の点数を取得しても合格にならない場合があります!

 

筆記試験に出てくる11個の科目群の中で、1つでも0点の科目群を出してしまった場合です。

 

 

 

どうもこんにちは。ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

今回は

 

「え、介護福祉士って60%以上取れば合格じゃないの?」

「科目群で0点ってどういう意味?」

 

という人達のために、介護福祉士試験の合格基準の詳しい解説と0点科目群を作らない為のお話をしていきたいと思います(・∀・)ノ

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筆記試験の二つの合格基準

 

介護福祉士の試験の運営を行っている公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページには、介護福祉士の合格基準に関してこのように記載されています。

 

 

次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

筆記試験の合格基準

ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。

イ アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。
[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題
(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

公益財団法人社会福祉振興・試験センター

 

要するに、筆記試験では60%程度の得点基準を満たしたうえで11科目群の中で0点を出さなかった人が合格、という事(・∀・)ノ

※60%程度の得点基準は毎年変動するのであいまいな表現になっています

 

裏を返せば、筆記試験でどれだけ良い結果だったとしても、科目群の中で一つでも0点があった時点で不合格になってしまうのです。

なので介護福祉士試験の勉強の際はどの科目でも最低1点は取れるように勉強をしないとダメです!

 

 

微妙に違う、科目と科目群について

 

介護福祉士試験の科目は13科目存在します。

 

「じゃあ11科目群ってなに?」となりますよね?

僕もそうなりました(・∀・)ノうへ

 

 

実はその13科目のうち4科目は、それぞれ2つをセットとして1つの科目群と呼ぶので、合計すると先ほどの11個の科目群になるんです!!

 

 

…分かりにくいですよね(笑)

ではもう少し分かりやすく説明しますね。

 

▼第32回介護福祉士国家試験の筆記問題(※出題順)▼

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

 

と、筆記試験の科目はこの13科目あるんです(・ω・)

 

このうち1と4を1つの科目群。2と5を1つの科目群と呼びます。

他の科目はそのままそれぞれが科目群と呼ばれるので、合計で11個科目群が存在しますよね?

これを指しているのが先ほどのイの合格基準の11科目群の事です!

 

この群というのはいくつかの科目の集合体という意味なんですね(・ω・)

 

 

11科目群のどれかで0点が出てしまう可能性

 

先ほど説明した科目群の中で1つでも0点の科目が出てしまう可能性。どれくらいあるんでしょうか?

まず各項目群の問題数を確認してみましょう。

 

▼各科目群の問題数▼

 

 

介護福祉士国家試験の回答は選択式。選択肢は5つです。

確率論で考えた場合、科目群の中で0点を出す可能性はかなり高いです。確率的に1点取れる確率は20%。

※勉強せずに運任せに回答した場合

 

その場合は「10.医療的ケア」の科目群だけでも0点で終わってしまう可能性が約33%あります!

※勉強せずに運任せだった場合です

 

計算が面倒でややこしいなので割愛しますが、とにかく運や勉強不足で乗り越えられる可能性は非常に低い!

これを理解してください( `ω´ )

 

介護福祉士の試験は非常に難しいという事?

 

いいえ違います。

運で乗り越えることが出来ないというだけで、勉強すれば問題が無いという事を言いたいのです(・ω・)

 

 

正直、介護福祉士試験を受ける方の中には勉強時間をしっかりとれずに試験当日を迎えてしまったりする人が結構多くいます。テキストを買っただけで手を付けられなかった!という人も中にはいます。

 

公開されている介護福祉士の合格率はそういった人たちを含めての合格率なので、むしろ計画的にコツコツ勉強出来た方の合格率は高いです!

運任せ・勉強不足ではそりゃあ落ちてしまいますよね。

 

 

仕事や家庭の事をこなしながら試験の準備をする人がほとんどですから非常に大変だとは思います。勉強に向かうのも嫌になる日もあるでしょう、分かります。

しかし、試験に落ちてしまったらまた来年受験しなおし。言い訳は出来ません。

 

 

「どうしても一回で試験に合格したい!」

「来年も介護福祉士の勉強をするのは嫌!」

 

という人はコツコツでいいのでしっかり毎日勉強しましょう。必ず結果はついてきます!

介護福祉士の試験の難易度は、そもそも高いわけではありません(・ω・)

 

 

介護福祉士試験に合格するための勉強方法

 

介護福祉士に合格するためには60%程度の点数を取った上で、0点科目群を作らなければいいのです。つまり、高得点を狙う必要がありません。

 

なので、勉強は毎日みっちりやる必要はなし!

その代わり毎日、コツコツと。短期集中の詰込み型の勉強ではなく、一度覚えたことを忘れないように丁寧にやりましょう!毎日20分、時間がある日は倍の40分というペースでも十分です(・∀・)ノ

 

得意科目を伸ばす勉強ではなく、不得意科目を無くす勉強

 

介護福祉士試験の勉強方法として得意科目を伸ばす勉強は正しくないでしょう。

不得意科目を無くす勉強を目指してください。これが非常に大切。

 

なぜなら、得意科目で点数を稼げても苦手科目で0点だった場合、その瞬間に不合格が決まってしまうからです。

 

 

たとえばの話、テキストの問題を解いていて毎回8割正解している科目群があったとします。

であればその科目群の勉強をしばらくしないで結構です。その時間を不正解の多い科目群の勉強に当ててください。

 

一週間に10時間勉強するのであれば、その10時間で11科目群を全て勉強するのではなく苦手な科目群のみに10時間を遣うイメージ!

 

苦手な科目群が4つあれば、1科目群につき2時間30分勉強できます。

苦手な科目群が2つなら、1科目群に5時間使えます!

そうする事で苦手な科目を無くすんです。0点を絶対に出さないように。時間には限りがあるので有効活用していきましょう。

 

ちょっと極端ですが、イメージは伝わりましたよね(・∀・)ノ

 

 

まとめ

 

今回は、介護福祉士試験の合格基準の詳しい解説と0点科目群を作らない為のお話しをさせて頂きました!

 

0点を出すと不合格になるというのは意外と落し穴ですよね。これが理由で点数は高いのに試験に落ちてしまう方も沢山います。

 

今回のお話しを聞いていただいた方はそうならないよう、是非今後の介護福祉士の勉強方法の参考にしてみてください(・v・)

 

 

本日もお疲れ様でございました。

それではまた次回!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
カイゴの資格
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました