介護福祉士の受験資格|パートやアルバイト期間は実務経験に含まれる?

介護福祉士の受験資格|パートやアルバイト期間は実務経験に含まれる?カイゴの資格

 

今回のお話しは、

過去にパート・アルバイトとして介護士のお仕事をしていた方や、

今後パート・アルバイトとして働きたい方の中で、

介護福祉士の取得を検討している方は必見です!

 

以前にこちらでも少しお話ししたのですが

介護福祉士の取得方法は3パターンあります!

 

一つは、福祉系の大学や養成学校を卒業後に国家試験に合格する「養成施設ルート」

一つは、福祉系の高等学校を卒業後に国家試験に合格する「福祉系高校ルート」

もう一つが、介護士として実務経験を3年以上積み、かつ実務者研修を修了したのちに国家試験に合格する「実務経験ルート」

です!

 

 

  

どうもこんにちは。

ペペロンをチーノするマンです(・∀・)ノ

 

今回はこの「実務経験ルート」の介護士としての実務経験という部分について

「パートやアルバイトで勤務している場合もこの3年以上に含むの?」

「週何時間勤務していれば実務経験にみなされるの?」

という質問にお答えしていきたいと思います!

 

それでは早速参りましょう(・∀・)ノ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パート・アルバイト期間も実務経験3年に含む

 

介護福祉士の受験資格を判断するうえで、

介護士として働いた実務経験が正社員であったか、パート・アルバイトであったかは問いません

つまり介護士として3年間務めた証明ができれば、

正社員・契約社員・パート・アルバイト問わず全て実務経験とみなされるという事です!

 

ただし、扶養内のパートであった場合は要注意です。

それはなぜか。それはこの次にご説明いたします。

 

 

介護福祉士の受験資格の実務経験は「従業期間」と「従事日数」で決まる

 

実務経験3年以上というのは具体的には

【従業期間が3年(1,095日)以上で、かつ従事日数が540日以上】

という決まりがあります。

 

従業期間とは

 

実務経験の対象となる施設(事業)及び職種で在職した期間(「産休、育休、病休」等の休職期間を含む)のことです。

簡単に言うと、施設に在籍していた期間という事ですね

 

従事日数とは

 

介護等の業務に従事した日数(出勤日数)です。(出張、研修等実際に介護等の業務に従事しない日数は、含まれません)

簡単に言うと、働いた日数の事です

 

実務経験とはつまり

 

実務経験3年以上とは具体的に、

実務経験の対象となる施設(事業)に3年(1,095日)以上在籍し、かつ540日以上働くことが受験資格という事です

 

では話を戻します。

扶養内パートの場合に何が要注意かというと、

この従事日数540日を満たしていない可能性があるという事です!

 

 

540日を3年間で割ると、1年で180日働く計算です。

これを1ヶ月に直すと15日。

つまり3年間在籍していても一ヶ月に15日未満しか勤務できていない場合は従事日数を満たしません。

扶養内パートさんは月に15日未満の勤務の人もいるはずなので要注意なのです!

 

実務経験を考える際はぜひ「在籍した日数(従業期間)」と「働いた日数(従事日数)」を意識してください!

 

 

短時間パート・アルバイトでも実務経験に含まれるのか

 

結論としては「含まれます」

 

あくまでも従事日数がポイントであり、一日に何時間働いたかは問いません。

仮に一日1時間しか勤務していなくとも1日従事したと見なされるので、時短勤務をされている介護士さんもご安心ください(・v・)

 

この事は公益財団法人社会福祉振興・試験センターのHPの介護福祉士国家試験の受験資格のページにしっかりと明記してありますのでもし気になる人はホームページを見てみてください。

 

 

複数の就業先で介護等の業務を行った場合は

 

一か所ではなく、複数の職場で介護の仕事を経験された場合。

その場合は全てを合算したものが実務経験になります!

なので3年未満で転職していたとしても介護福祉士の受験資格には影響がありません

 

中には「介護福祉士の資格を取るための費用を負担してくれる」という施設もあるので、

介護福祉士を目指すタイミングで転職を考える方もいますよ(・ω・)

 

掛け持ちパート・アルバイトの実務経験の計算はどうするのか

 

複数の事業所で同じ日に介護等の業務を行った場合。

その場合は「従業期間」「従事日数」ともに1日として扱います。

 

なので例えば掛け持ちしている方が

「4月1日に特別養護老人ホームAと訪問介護Bの二か所で働いた」

という場合でも「従業期間」「従事日数」はともに1日の計算です。

 

掛け持ちしたら倍の実務経験を貰える!という事では無いのです。

 

 

どうやって実務経験を証明すれば良いのか

 

介護福祉士の受験資格である実務経験(従業期間と従事日数)は自己申告する物ではありません!

在籍していた法人が専用の書類を作成します。

 

実務経験証明書というものがあるので、

そちらを法人の代表者(理事長や施設長など)が作成する必要があります。

法人印などの押印も必要な書類です。

 

その作成してもらった実務経験証明書を受け取って介護福祉士の受験申し込みをする、という流れですね!

なので介護福祉士試験を受験する際は、

在籍している(在籍していた)事業所の方に作成のお願いをしてみてください(・v・)

 

実務経験証明書内の氏名や住所に変更がある場合

 

過去に勤務していた時から氏名や住所が変わっていた場合はどうすればいいのでしょう?

まず氏名が変更になっている場合は、

介護福祉士の申込書類の中に戸籍抄本(戸籍の個人事項証明書)を同封してください。これでOKです。

戸籍謄本ではないのでご注意!

 

住所が変わっていた場合は特に問題ないのでそのままで結構です!

受験申し込み書の住所が優先されるので気にしないでください(・v・)

 

 

まとめ

 

本日もお疲れ様でした!

今回は介護福祉士の受験資格にパートやアルバイト期間は含まれるか?についてお話ししましたが、

結論としましては「含まれる」です!

 

既に受験資格がある方は是非介護福祉士試験の申し込みをしてみてください。

収入もグンとアップしますし、転職の際も可能性が広がります!

 

もしこのお話を聞いて介護福祉士の資格取得に興味を持ってくださった方は、

ぜひ他のお話しも参考にしてみてください(・v・)

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
カイゴの資格
求人検索可能!オススメ転職サイト
かいご畑|経験者はもちろん、無資格未経験も安心の資格取得サポート!
かいご畑

業界歴20年以上の株式会社ニッソーネットが運営する完全無料で安心の転職サイト!
①0円で資格を取りながら転職
②働きながらでも手軽に転職できる
③担当が全員介護の有資格者

無料相談だけでなく、ネットで求人検索も可能なので細かい条件も見ながらじっくり施設を選べる。

他社にはない資格取得サービス【キャリアアップ応援制度】は、特にこれから介護士にチャレンジしたい方や、キャリアアップをしたい人材にオススメのサービスです(・∀・)ノ

ケアジョブ|求人数60,000件以上!求人だけではなく転職の進め方も細かくサポート

ただ求人紹介や面接を調整するだけではなく、転職のマナーや失敗談などを細かく教えてくれる、転職活動のプロフェッサー!
希望者には個別で相談会なども行っており、利用者の満足度はとても高いサイトです(・∀・)ノもちろん完全無料!

①介護業界の転職が初めて
②面接のマナーや転職の進め方が分からない
③少しでも合格しやすい面接対策を行って欲しい
といった方には一押しのサイト。

もちろん高給料や低離職率の仕事も親身になって探してくれますので、安心して転職に専念できます(・∀・)ノ

MC介護のお仕事|全国の介護士求人・スマホユーザーの為の見やすい検索システム!

お住いの地域や資格、職種、休日はもちろん、パート、日勤、扶養内、夜専、オープニングスタッフなど細かい条件検索で調べたい求人を一発検索!
求人も全国対応で豊富に揃えており、スマホユーザー目線で考えられた見やすいホームページはぜひ利用していただきたい♪

さらに北は北海道から南は九州まで各地に支店があるので、各地域ならではの情報もお届けできます。
コンプライアンスには厳しいので無理な勧誘なども一切なく、転職の相談などもしっかりと研修されているエージェントが親身に担当!

すぐに転職!じゃなくてもOK。まずは無料相談から(・∀・)ノ

カイゴのセカイ~元人材業界トップ営業マンが介護の世界を教えます!~
タイトルとURLをコピーしました